インプラントを選ぶ

インプラントでの前歯治療

インプラントかブリッジでの治療

インプラントやブリッジは歯の治療方法です。前歯などが事故によって歯が折れてしまったり欠けてしまうことがあります。このような場合に治療を行いますが、ブリッジの場合は周りの歯を削ってそこに人工の被せものを取り付けることになります。この場合健康な歯を削ってしまうことになるということになります。しかしインプラントの場合は、周りの歯を削る必要はありません。歯根部分の骨に器具を埋め込むのです。そこに人工の歯を取り付けるという方法なので、しっかりと強く固定されるということと審美的にもきれいな仕上がりとなります。

歯の欠損治療における様々な方法

虫歯や歯周病、事故などで歯を失ってしまった場合の治療法として、入れ歯、ブリッジ、インプラントがあります。保険が使える入れ歯やブリッジだと、出し入れするわずらわしさや見た目の悪さ、健康な歯を削らなければいけないというデメリットがあります。インプラントは見た目の良さ、自分の歯でしっかり噛めるという点でとてもメリットがあります。保険が使えないので治療費は高目になりますが、メリットを考えたときにこの治療を考える人もたくさんいます。もちろんメリットだけでなくデメリットもありますので、しっかりとそのことを理解したうえで治療することが大事です。

↑PAGE TOP